プレスリリース

8月 11, 2010

日本国内PC経由のインターネット・ユーザーの 17 パーセントが Twitter にアクセス

世界各国のTwitter訪問者急増をインドネシア、ブラジル、そしてベネズエラが牽引

ラテンアメリカからの訪問数が3倍に成長し、また過去一年の世界におけるTwitter使用が2倍に

2010 8 11 日、レストン(バージニア州) – webアクセス解析をはじめとするデジタル・ワールドの利用動向調査分野で世界をリードするコムスコア(comScore, Inc. NASDAQ:SCOR) は、世界各国におけるTwitterの使用状況についてのプレスリリースを本日発表しました。その調査によると、約9300 万人(ノートブック&デスクトップPCからのアクセスのみ)のインターネット・ユーザーが 6 月中に Twitter.com へアクセスしていたことが判明。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)市場が世界中で大きな成長を見せる中、対前年比 109 パーセントの増加となりました。浸透率(リーチ)が最も高い国はインドネシアで、国内インターネット・ユーザーの約 20.8 パーセントが 6 月中にTwitter.com へアクセスしたことが分かり、ブラジルとベネズエラがそれに続く結果となりました。ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が 4 月末に Twitter に参加したことがベネズエラの急成長を牽引したものと思われます。

「過去一年の間に、世界中で 爆発的にTwitterへのトラフィックが増大し、Twitter.com は世界 5 地域に渡り最も人気のあるソーシャル・ネットワーキング・サイトとなりました。」と、Graham Mudd (コムスコア、サーチ&メディア副社長)はコメントしています。「今や世界のインターネット・ユーザーの約 4 人中3 人が毎月ソーシャル・ネットワーキング・サイトへアクセスしており、最もユビキタス的な行動の 1 つとなっています。更に多くのインターネットユーザーがソーシャル・メディアを通じて繋がりを持つにつれ、Twitter のような新しいメディアが比較的短期間に世界規模で頭角を現すような環境が形成されました。」

ほぼ全地域で訪問率が3 桁の成長

2010 年6 月中、15 歳以上のユニーク・ビジター (UV) 約 9300 万が家庭又は職場のPCから Twitter.com にアクセスし、前年比 109パーセントの伸びを記録しました。(この数値には、TweetDeck を例とするTwitter ベースのアプリケーションの利用は含まれていません。) 世界主要 5 地域を分析した結果、ラテンアメリカの1540万人ビジターが前年比 305パーセントの伸びで最長となり、続いてアジア太平洋地域が前年比 243 パーセントの成長、2510 万人のビジターを記録しました。中東-アフリカは、前年比 142 パーセントの伸びで 500万人のビジターを、またヨーロッパでは前年比 106 パーセントの伸びで 2250 万人のビジターを記録しています。他の地域に比べ Twitter がより浸透している北米においては、6 月には 22 パーセント伸び、2500 万人近くのビジターを記録しました。

世界地域ごとの Twitter.com のビジター
2010 6 月と 2009 6 月の比較
家庭と職場を合わせた 15 歳以上のオーディエンス総数*
出典:comScore Media Metrix
  ユニークビジター数 (000)
2009 6 2010 6 変化率 (%)
ワールドワイド 44,520 92,874 109
ラテンアメリカ 3,792 15,377 305
アジア太平洋地域 7,324 25,121 243
中東 - アフリカ 2,058 4,987 142
ヨーロッパ 10,956 22,519 106
北米 20,390 24,870 22

*インターネット カフェなどの公共のコンピュータ、および携帯電話・PDA からのアクセスを除く。

インドネシア、ブラジル、ベネズエラが世界最高の Twitter浸透率(リーチ)を記録

コムスコア が現在調査している 41 カ国中、インドネシアにおいて家庭および職場からの Twitter.com へのアクセスが 20.8% を占め、当調査上最高率を記録しました。それに続いてブラジルが 20.5 パーセント、ベネズエラが 19 パーセントの浸透率を記録しました。ベネズエラにおいては、ウゴ・チャベス大統領が昨年 4 月に Twitter に参加したことにより、国内での Twitter.com 浸透率が数ヶ月間で 4.8 パーセント上昇しました。4 位はオランダ (17.7 パーセント)、5 位は日本 (16.8 パーセント) となり、またフィリピン (14.8 パーセント)やメキシコ (13.4 パーセント)、そしてシンガポール (13.3 パーセント) など、ラテンアメリカ及びアジア太平洋地域の多くの国々が高い浸透率を記録しています。

Twitter 浸透率トップ 20 市場
2010 6
家庭と職場を合わせた 15 歳以上のオーディエンス総数*
出典:comScore Media Metrix
ロケーション リーチ (%)
ワールドワイド 7.4
インドネシア 20.8
ブラジル 20.5
ベネズエラ 19.0
オランダ 17.7
日本 16.8
フィリピン 14.8
カナダ 13.5
メキシコ 13.4
シンガポール 13.3
チリ 13.2
米国 11.9
トルコ 11.0
英国 10.9
アルゼンチン 10.5
コロンビア 9.6
韓国 9.3
アイルランド 8.4
インド 8.0
マレーシア 7.7
ニュージーランド 7.5

*インターネット カフェなどの公共のコンピュータ、および携帯電話・PDA からのアクセスを除く。

スマートフォンが米国およびヨーロッパにおけるモバイル Twitter 使用の原動力に

また、前掲までのPCの調査とは別に、コムスコアでは6 ヶ国のモバイル市場 (米国、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア) においてモバイルデバイスからの Twitter 使用分析も行っております。その調査によると、スマートフォン・ユーザーの間で Twitter の使用率が高まっていることが分かります。米国では、一ヶ月間にスマートフォン・ユーザーの 8.3 パーセント (420 万人) がモバイルデバイスを通じてTwitter.com にアクセスしていることが判明、ヨーロッパの各市場を遥かに凌ぐ結果となりました。ヨーロッパにおいてはスマートフォン・ユーザーの 2.8 パーセント(170 万ユーザー)が Twitter.com にアクセスしておりますが、この地域において使用率が最も高い順が、英国の 5.8 パーセント、ドイツ (3.4 パーセント)、 フランス (2.1 パーセント) となりました。

モバイル・スマートフォン・ユーザー間での Twitter 浸透率*
3 か月平均2010 6月まで
13 才以上のオーディエンス合計+
Source: comScore MobiLens
  Twitter オーディエンス (000) スマートフォンユーザーの % リーチ
米国 4,246 8.3
ヨーロッパ 1,681 2.8
英国 793 5.8
ドイツ 354 3.4
フランス 173 2.1
スペイン 165 1.5
イタリア 227 1.4

*モバイルブラウザを使用した Twitter アクセスのみを含む。その他の Twitter ベースのモバイルアプリケーションの使用は除く。

「即時に情報をブロードキャストできるTwitter のようなメディアにとって、時間や場所を選ばずにコンテンツにアクセスできるモバイルデバイスは理想的なプラットフォームです。」とMudd はコメントしています。「スマートフォンの進化したwebブラウズ機能によって多様なアクセスが可能になるため、スマートフォンの浸透に伴い Twitter のようなアプリケーションの使用も拡大することでしょう。全体で見るとデスクトップベースのインターネット使用率は依然として大きいものの、モバイルでのwebアクセスは世界規模で急速な伸び率を示しており、その結果 Twitter のようなアプリケーションはこのパラダイムシフトにおいて最前線に位置していると言えます。」

当社日本法人のコムスコア・ジャパン株式会社は、日本国内のモバイル調査サービスを近日開始する予定です。当サービスやその機能についての詳細は、press@comscore.com までお問い合わせください。

コムスコア について
コムスコア(comScore, Inc. NASDAQ:SCOR) は、デジタル・ワールド利用動向調査における分野で世界をリードするグローバル・カンパニーであり、デジタル ・マーケティング情報を世界中にご提供しています。

詳しい情報はコムスコア・ジャパンの日本語サイト、 www.comscore.com/JPN をご覧ください。

Contact:
Sarah Radwanick
Lead Corporate Marketing Manager
comScore, Inc.
+44 (0) 20 7099 1784
worldpress@comscore.com