イベント&オンラインセミナー

Search and filter the results
1969年12月31日

広告の質を高めるための4つの質問

無効なトラフィック(IVT)やビューアビリティ、これらに伴うデジタル広告への脅威を題材にした記事の多さには、この問題に対処したいという業界の明確な願望が表れています。 さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 2017 U.S. Cross-Platform Future in Focus

2017 U.S. Cross-Platform Future in Focus

テレビとデジタルの融合を受けて、メディア環境の変化を理解したいというマーケティング担当者やメディア企業の要望がこれまで以上に高まっています。 さらに表示する

Webinar 1969年12月31日

プログラマティック広告:ブランド指標と配信指標への影響、そして広告主が効果を高めるためにできること

世界中でプログラマティック広告の導入が増え続け、数多くの利益がもたらされている一方で、透明性や媒体の質といった問題に注目が集まりつつあります。広告主と代理店は、広告支出を通してキャンペーン配信や消費者への影響といった目標を効果的に達成できるかを評価しているからです。 さらに表示する

1969年12月31日

無効なトラフィックの最小化:コムスコアのケーススタディ

人間の目に触れない広告は、効果を生む機会がありません。だからこそキャンペーンの検証は、無駄な広告支出を避けキャンペーンの効果を高める上で不可欠なステップです。 さらに表示する

1969年12月31日

日本の動画サービス利用動向の2016年10月データを公開

2017年1月10日、東京、日本 – コムスコアは本日、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査であるcomScore Video Metrix®(ビデオ・メトリックス)で分析した、日本のパソコン経由の動画ストリーミングサービス利用動向に関するレポートをリリースしました。調査によると、2016年10月のユニークビューワー数順によるオンライン動画プロパティのトップ3はGoogle... さらに表示する

Webinar 1969年12月31日

Digital Future in Focus: Global Trends and Insights

コムスコアのAPACシニア・バイスプレジデントであるJoe Nguyenが、全世界のPC、スマートフォン、タブレットの利用動向に関する最新の知見とトレンドを明らかにします。本プレゼンテーションでは、マルチプラットフォームな世界でオーディエンスとメディア消費に変化をもたらした行動を取り上げ、デジタル世界についてマクロレベルで理解します。また、パブリッシャーと広告主がグローバルまたはローカルに展開する際に活用できるような情報を取り上げます。 さらに表示する

1969年12月31日 アジア太平洋地域におけるプログラマティック推進のカギは、管理性と透明性

アジア太平洋地域におけるプログラマティック推進のカギは、管理性と透明性

プログラマティック・テクノロジーは、広告主などのメディア購入側にキャンペーン・パフォーマンスを向上させるための素晴らしい機会を提供していますが、本格的にプログラマティックを浸透させるには、広告主の投資環境における管理性と透明性が必要です。 さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 Global Digital Future in Focus 2016

Global Digital Future in Focus 2016

コムスコアのレポート「Future in Focus」シリーズのグローバル版では、40カ国以上からPC、スマートフォン、タブレットでの行動データを集め、デジタル環境を形作るトレンドを取り... さらに表示する

1969年12月31日

日本のSIMフリー携帯使用動向(2016年7月までの3ヶ月平均)

メディア測定と分析のグローバル・カンパニーであるコムスコア(NASDAQ: SCOR)は本日、携帯電話端末の使用に関する包括的な調査であるcomScore... さらに表示する

1969年12月31日

デジタル広告界の選手と審判

スポーツの世界では大会を円滑かつ公正に運営するため、選手と審判の役割をはっきり定めることが大切です。中立的な第三者がいることで、双方の対戦者が平等に扱われ、ルール適用の一貫性が保証されるため、試合結果を信頼できます。デジタル広告の世界にも、同じ原理をあてはめることができます さらに表示する

1969年12月31日

モバイル広告におけるアドフラウド――次なる戦いの舞台

「悪が栄えるために必要なのは、善人が何もしないことである」という有名な格言は、高度なデジタル広告詐欺(アドフラウド)が世界中のマーケティング費を脅かすはるか以前に考えられた表現ですが、この理念が今ほど大きな意味をもった時代はありません。詐欺に対抗するには、デジタル業界の全員が知識を身に付け、主体的に取り組むことが求められます。 さらに表示する

1969年12月31日

日本の動画サイト利用動向の2016年4月データを公開

コムスコアは本日、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査であるcomScore Video Metrix®(ビデオ・メトリックス)で分析した、日本のパソコン経由の動画ストリーミングサイト利用動向に関するレポートをリリースしました。調査によると、2016年4月のオンライン動画プロパティの国内トップ3はGoogle... さらに表示する

1969年12月31日 Activating Inventory to Unlock Revenue: A Hearst Case Study

広告在庫を活用し収益を拡大:ハースト社のケーススタディー

常に成長を続ける現在のデジタル環境において、効果的な在庫の収益化はデジタルパブリッシャーにとって大きな課題となっています。広告主が厳密にターゲティングされたカスタムの広告パッケージを望む一方、その精密なセグメントの作成にはパブリッシャー側に多くの時間とコストが伴い、収益化できないコンテンツも残ってしまうのが現状です。 さらに表示する

1969年12月31日 広告に関するベンチマーク(2016年第1四半期)

広告に関するベンチマーク(2016年第1四半期)

広告ブロック、無効なトラフィック、ビューアビリティがキャンペーンの配信に与える影響について さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 Combating Fraud to Drive ROI

ROI改善に向けたアドフラウド対策:ケロッグ、Kruxとのディスカッション

アドフラウドはデジタルメディア業界に大きな打撃を与えており、数十億もの広告費を無駄にしてしまっています。特にケロッグのような大手広告主がキャンペーンを行うともなれば、アドフラウドが比較的少ない場合でも、巨額の損失が発生します。 さらに表示する

1969年12月31日 Campaign Viewability Optimisation An Auto Manufacturer Case Study

キャンペーン・ビューアビリティの最適化: 自動車メーカーのケーススタディ

自動車メーカーの広告キャンペーン展開中に最適化を行い、媒体社のビューアビリティが86%改善 さらに表示する

1969年12月31日

キャンペーンのターゲット地域の検証:コムスコアのケーススタディ

ターゲット地域外に配信された広告に対してコムスコアが補償を受けるまでの過程。 さらに表示する

1969年12月31日

日本のオンラインプロパティランキングの2016年1月データを公開

メディア測定と分析のグローバル・カンパニーであるコムスコアは本日、オンライン上のウェブサイトに関する包括的な調査であるcomScore... さらに表示する

1969年12月31日

ROI改善に向けたアドフラウド対策:ケロッグとKruxのケーススタディー

アドフラウドはデジタルメディア業界に大きな打撃を与えており、数十億もの広告費を無駄にしてしまっています。特にケロッグのような大手広告主がキャンペーンを行うともなれば、アドフラウドが比較的少ない場合でも、巨額の損失が発生します。 さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 デジタル広告の価値:コムスコアとカンター・ジャパン(ミルウォード・ブラウン)

デジタル広告の価値:コムスコアとカンター・ジャパン(ミルウォード・ブラウン)

ブランド広告主や広告代理店は、オンラインや他のメディアのマーケティング支出を包括的に評価する必要があるため、デジタル広告活動の真の価値を理解するというのは重要な課題です。パブリッシャーにとっては、直接取引と自動取引の広告予算を確保する上で、リーチとフリークエンシーだけではなく媒体自体の品質を示す能力が重要です。 さらに表示する

1969年12月31日

日本の動画サイト利用動向の2015年10月データを公開

メディア測定と分析のグローバル・カンパニーであるコムスコアは本日、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査であるcomScore Video Metrix®(ビデオ・メトリックス)で分析した、日本のPC経由の動画ストリーミングサイト利用動向に関するレポートをリリースしました。 さらに表示する

1969年12月31日 デジタル広告に関して得られた教訓

デジタル広告に関して得られた教訓

デジタル・テクノロジーの発達によって広告は大きく進化していますが、その目標はこれまでとほぼ変わらず、印象・感情・認知・アクションを引き出すことにより、売上を伸ばし、ブランドのロイヤリティを高めるというものです。効率的にこの目標を達成するためには、マーケティング投資に対するリターンを定量測定することが大切です。 さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 2015 Japan Digital Audience Report

2015 日本デジタル・オーディエンス・レポート

2015 日本デジタル・オーディエンス・レポート さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 2015 Global Digital Future in Focus

2015 Global Digital Future in Focus

デジタルの発展は、世界に発信される情報の速度と範囲に変革をもたらし続けています。この急速な情報の伝達は当然ながら業界そのものに影響を与え、プラットフォームやオーディエンス、コンテンツをかつてないスピードで変化させています。 さらに表示する

Webinar 1969年12月31日 Non-Human Traffic

ノン・ヒューマントラフィック:重要な理由と注意すべき理由

アドフラウドやノン・ヒューマントラフィック(NHT)が大きな問題になっていることについて、皆さんは既にご存知のことと思います。広告が実際の人間に届かなければ、大きな問題になります。 さらに表示する